2020年7月5日日曜日

Misfitスマートウォッチ Vaporのレビューと故障対応について


(^x^)こんばんは。MANIERAです。
今回は 数年前に購入したMisfitのスマートウォッチを紹介します。



01
2017年12月発売のスマートウォッチ Misfit Vapor(Amazon.co.jp限定版)です。
ミスフィット・ウェアラブル社 (Misfit Wearables)は、
時計大手のフォッシルグループのウェアラブルデバイスメーカーです。






02
2017年12月にamazonで購入、2万5千円弱でした。
ステンレススチールケース+ブラックシリコンストラップの
amazon限定バージョン(MIS7004)になります。






03
パッケージは硬い紙箱です。






04
中身は、書類、充電器、ベルト、本体、キャリングポーチです。






05
本体はシンプルで、円形液晶画面、右側に物理ボタンが1個あるだけです。
ゴムっぽい手触りの液晶の縁は、バーチャルベゼルと称するリング状のセンサーで、
円に沿うように指を動かすと画面がスクロールしたりします。






06
ケースはステンレスのようで、縁はポリッシュ、側面はヘアライン仕上げで
質感はとても良い感じです。右側面の穴はマイクです。






07
きれいに磨かれたケースの丸っこい裏側は、ちょっとカーリングのストーンのようにも見えます。
ケースの裏面の黒い部分には、4個の充電端子、2個のLED、真ん中に心拍センサーがあります。






08
充電時は、充電器と本体の4個の端子の位置が合っている必要がありますが、
これがいつの間にかずれたりするので、気を使います。
本機の電池持ちはあまりよくなくて、
アンビエントモードをOFFにしていても、
朝から使うと夜は少々心もとない感じです。






09
充電開始するとOSが立ち上がりました。OSは、購入時はandroid wear 2.0で、
後にバージョンアップしてWearOSとなりました。
Qualcomm Snapdragon Wear 2100 プロセッサを搭載、ストレージは4GBです。






10
スマホにAndroid Wearというアプリを入れて連携させて使用します。
現在はバージョンが上がってスマホ側もWear OSというアプリを使用します。

50m防水で、Bluetooth、Wi-Fi、心拍センサーを備えていますが、
GPSは搭載しておらず、スマホのGPSを使用します(コネクテッドGPS)。






11
パッケージには本体とストラップが別で入っていました。
ストラップ幅は20mmです。







12
ストラップは柔らかいシリコン素材で、樹脂のボタンをはめて本体に取り付けます。






13
ストラップを付けるとこんな感じです。シリコンはウレタンストラップのように
加水分解しませんが、埃が付きやすいのが難点です。






14
尾錠もたぶんステンレスだと思います。






15
尾錠は裏側のレバーで簡単に取り外しできるようになっています。






16
マットなシリコンストラップに、ポリッシュとヘアラインの尾錠で質感も良い感じです。






17
大きさの比較です。左から MISFIT VAPOR(ケース径44mm、厚さ13.5mm)、
スント CORE BRUSHED STEEL(外径49.5mm、厚さ13.5mm)、
カシオ WSD-F20(外径55mm程度、厚さ15.5mm)です。






18
液晶は、AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)で、
液晶サイズは1.39インチ(Φ35mm)です。
色も鮮やかで高精細、とても綺麗です。

ちなみに、このウォッチフェース(文字盤)は
Watchmakerというアプリで自作した物です。






19
心拍センサーが付いているので、心拍数を計測できます。






20
心拍計測時は裏側の緑色のLEDが点滅発光して
中心部のセンサーで読み取っているようです。






21
amazonで、社外品の金属ストラップも買ってみました。






22
Lamshawの Misfit Vapor用交換ベルト「ミラネーゼループ」、1780円でした。
長短2種類のスライド式バネ棒が付属していますが、
短い方が1本しか入っていませんでした。検品してないんでしょうか..。






23
バネ棒外しで、本体に最初からついているバネ棒を外そうとしましたが、
隙間が狭いのと、ラグ(時計から出ている腕のような部分)が丸くて、
滑ってしまってどうしても外せません。






24
仕方なく、カッターの刃でこじって外すと、何とか取れました。






25
短い方のレバー付きバネ棒を使いますが、1本しかないので、
反対側は元々付いていたバネ棒を付けることにします。






26
ラグの一端にストラップ、もう一端はループ状の部品を付けました。






27
ストラップ先端は強力な磁石になっています。





28
ベルト装着した状態です。磁石はかなり強力で、
ゆるんだり外れたりする事はありませんでした。






29
金属ベルトだとまた雰囲気が変わりますね。
ちなみに文字盤は Speeds Watch Face(無料)です。






30
ところが、購入後1年数か月経った頃から、時々勝手に再起動して、
見たことのない画面が出るようになりました。
PCのBIOS画面のような感じです。
ボタンが1個しかないので、操作はボタンの長押しか短押しで行うようです。






31
ボタンを短く押すと、<RESTART BOOTLOADER>画面になります。
ここで長押しすると、再起動したと思います。






32
再度の短押しで<RECOVERY MODE>画面になります。






33
再度、短押しで<POWER OFF>画面になります。ここで長押しすると、電源が切れます。







34
最初は再起動すれば動いていましたが、やがて、起動時に画面がチラチラして、
再起動を延々繰り返すようになりました。本機は2年保証だったので
WEBサイトから問い合わせると、修理することになりました。

送付するものは、商品と充電器、保証書(or 購入履歴)、不具合等のメモ の3点です。
購入履歴はamazonのWEB注文履歴から 領収書/購入明細書を印刷しました。

一式送付後2週間後にメールが来て、故障を確認したが交換品の在庫がないため、
返金処理(商品の返却は不可)になるとの事でした。銀行口座を知らせてから、
約6週間後に銀行口座に購入時の代金が振り込まれました。

* * *


画面もきれいでデザインも気に入っていたので、修理か交換してもらいたかったのですが、
SoCが Snapdragon Wear 2100で電池持ちが微妙だったので、
返金は新型のSnapdragon Wear 3100搭載機種購入費に充当させてもらいました。^^


(^x^)おしまい。

















2020年5月24日日曜日

マクファーレン・トイズ AKIRA 金田のバイクとフィギュア

(^x^)こんばんは。MANIERAです。
 今回はちょっと古いAKIRAのフィギュアを紹介します。




01
マクファーレン・トイズ製のAKIRAの金田正太郎とバイクのフィギュアです。

カナダ人のトッド・マクファーレン(Todd McFarlane)は
「スポーン」などのコミックの作者で、1994年に
アクションフィギュア等を製造販売する同社を設立しました。





02
ちなみに映画の方は、4月24日に、AKIRAの4KリマスターのUHDブルーレイが
発売されたり、オリンピック等の件で、また話題になっています。






03
4KリマスターUHDブルーレイを購入して、久しぶりに見ましたが、今見ても斬新な映像で、
演出、編集共にとても丁寧に作られています。重量や慣性力を感じさせるバイクの動き、
水や風の表現も素晴らしい。音楽・音響もすごく良いです。






04
マクファーレン・トイズ製のAKIRAの金田のバイクは、ブリスターパッケージのバイク単品と、
金田がバイクに乗車している箱入りの2種があるようですが、これはバイク単品のバージョンです。

両者は少々デザインが異なり、イスの高さやステップ付近の形状などが違います。
箱入りの方のデザインは、金田を乗車させるための形状変更と思われ、
映画の設定画とは少し異なる印象を受けます。

※ここでの映画の設定画とは、2002年講談社刊の「アキラ・アーカイヴ」の バイクの項目を指します。
「akira bike archive」でGoogle画像検索すると、いくつか出てくるかと思います。






05
サイドビューです。ちょっと長めですが、結構、設定画の雰囲気は出ていると思います。
但しイスのクッションは折れのないツルンとした1枚物になっています。

大きさは実測で全長260mm、全幅66mm、全高96mm、重量251gです。
下記の諸元の全長で計算すると、スケールは 1/11.33になります。

<設定上のバイクの諸元>
全長 2947mm/ 全高 1171mm(シールド含)/ 全幅 831mm/ シート高 340mm/ 乾燥重量 154kg/
タイヤサイズ:前輪18インチ、後輪19インチ/ 発電機:常温超電導/ 最高発電量 83kw 12500rpm/
最大電圧 1200V/ 最高速 243km/h






06
リアクォータービューだと意外にも各部丸みのある造形です。
設定では2輪駆動、2輪操舵システムを有する最新型超電導バイクとしか書いておらず、
映画でも漫画でも作品中ではバイクのメーカーについての言及はなかったと思います。

映画版では、カウルにBMWのステッカー(但し色が違うような..)が貼ってあるので、
ひょっとしたらBMW社製なのかもしれません。






07
フロントカウルは、映画と同様に上にはね上げられます。

<設定上の主要装備>
オートナビシステム、前方確認用レーダー、CDプレイヤー、ネオハロゲンレーザーライト、
アンチロックブレーキ、パワーサポートステアリング






08
右側面です。カウルのステッカーは左右とも、大人の事情なのか、
メーカーロゴなどが別の単語や模様に差し替えられています。






09
リアクォータービュー(右側)です。
リアサスは片持ちタイプなので右側はシンプルです。






10
フロントビューです。前輪の球状カバーは、ちょっと歪んで、
下の隙間が広がってしまっています。

設定画の断面ではホイール側と球状カバーの双方にモーターの磁石があって、
その間で超電導現象の放電で緑に光るような記述があります。

ブレーキに関しては何も描いてなくて球状カバーに冷却穴もないので、
普通のディスクブレーキではなくて電磁ブレーキか何かなのかもしれません。






11
フロントクォータービューです。 クランクケース(?)が、かなり張り出しており、
最低地上高も低いので、実際には殆どリーン出来ない感じがします。

ウィンドシールドは元々透明でしたが、経年変化で飴色になってしまいました。






12
可動式のスタンドが付いていますが、殆ど効いていません。






13
底面です。底にもモールドがされています。






14
ステップの下に、下記のような刻印があります。

(C) 2000 Mash/Room Co.,Ltd.
McFarlane Toys 2000
Made in China






15
リアタイヤ前側に3つの凹みがあります。

設定では、前後輪はモーター駆動で、動力源は常温超電導の発電機なので、
機構的には、いわゆるシリーズハイブリッド形式と思われます。

もしかすると、この凹みはマフラーなのかもしれません。 漫画の方では
一番下の凹みあたりの位置から排気が出ていたような気がします。






16
フロントカウルを上げるとフロントサスやミラーの裏側などが見えます。

センターコンソールは、設定では、上からCDオーディオ、ナビ画面、
半球がマップジョグル、その右がキースイッチ、一番下が小物入れです。

設定ではミラーの近くの「IMMIGRANT」の Tの字付近のカウルにウィンカーが
あるはずですが、この模型では省略されています。






17
カウルオープンの機構部は設定と似た感じのリンクが付いています。

メーターは設定画では、上からモーター回転レベルメーター、
電圧レベルメーター、バッテリー計、スピード表示です。

ちなみにこの模型のレベルメーターは棒グラフではなく、
BG60TPとかPB20TP、BG60TP R40TP等の 謎の文字が印刷されています。







18
フロントサス部分はシルバーのドライブラシが施されています。

ステアリング形式は、当初はハブセンターステアリングだと思っていましたが、
カウルなしの映画の設定画を見ると、どうも片側2本ずつのテレスコピック式のようで、
しかもそれが平行リンク的に動きそうにも見えます。






19
バイクと金田のフィギュアを並べてみました。






20
ちなみに、漫画版と映画版ではハンドル周りが結構違っていて、
映画版では四角いメーターの横からグリップが付いていますが、
漫画版では車体からグリップが生えていて、さらにメーターの形状が違います。





21
バイクの大きさに対して、少し金田のフィギュアが大きいような感じで、
多分座れないような気がします。各々単品売り商品なので、
スケールが同一ではないのかもしれません。






22
AKIRAの最初のポスター風なアングルも撮ってみました。
では、次は金田君を見ていきましょう。






23
AKIRAの金田正太郎のフィギュアの正面です。実測で全高170mm、重量126gです。
設定では身長164cm、体重52kgの16歳で、計算上ではスケールは 1/9.65になります。

製品はブリスターパッケージでバイクとは別の単品販売です。
レーザー銃は最初から肩から下げていましたが、
ショルダー式バッテリーとゴーグルはバラでパッケージされてました。






24
左側面です。腕は肩の所で回転できます。
レーザーのケーブルはビニールチューブ製です。






25
背面です。設定より足が長くて、かなりスタイル良くなってる気がします。
レーザー銃のスコープ位置が、設定に対して左右逆だと思います。





26
右側面です。重心が前のめり気味で、前に倒れやすいです。
太ももの切れ目で足が回転出来ますが、これ以外の位置だとすぐ転びます。






27
海外製ですが、髪型や顔の再現度は、意外に良いと思います。
多分PVC製で革ジャンは柔らかく、少しめくると緑色のシャツがよく確認できます。
経年の為か、ちょっとべたべたしてきています。少し顔色悪いのも経年変化かも。






28
ジャケットの金具とかグローブとか細かい所まで良く出来ています。バッテリーのケーブルは
購入者が指の輪の中を通してレーザーのグリップ下に差し込んで組み立てます。






29
特徴的なグラフィックの革ジャンの質感も良い感じです。






30
右足の裏には
McFarlane Toys 2000
Made in China
と刻印されています。






31
左足の裏には
(c)2000 Mash
Room Co.,Ltd.
と刻印されています。






32
4K UHDブルーレイのジャケットと似たアングルで撮ってみました。

映画は4月上旬にIMAXで上映されたようですが、
コロナ騒ぎで結局行けませんでした。
コロナが収まったらぜひ再上映して欲しいです。



(^x^)おしまい。