2018年9月9日日曜日

Surface Goの実機レビュー: スリーブケースと初期設定編

(^x^)こんばんはMANIERAです

Surface Goの実機レビューの 2回目は
スリーブケースと液晶保護フィルム、OSの初期設定について紹介します。

前回はこちらです。> Surface Goの実機レビュー:外観編




 01
Inateck スリーブ ケース プロテクターケース(10.5インチ)です。
ちょっとかっこいい半透明のビニールに入っていました。
価格はAmazonで1380円でした。






 02
色はダークグレー、外寸公称値は、297 x 210 x 8mmです。
重さは実測で117gでした。






 03
ケースの材質は厚さ2mmのフェルトです。隅の方にゴムっぽい浮き文字で
inateck と書いてあるマイクロファイバーのタグが付いています。






 04
フラップの部分には、茶色の合成皮革が付いていますが、
特にロゴなどは書いてありません。






 05
フラップは、真ん中部分でベルクロ留めです。






 06
ケース内部はマイクロファイバーの裏地が付いていて、
傷がつかないようになっています。






 07
タイプカバーとペンを付けたSurface Goを入れてみました。
特に問題なく収納することができます。

内部寸法は公称値で28cm×19.5cmx0.8cmです。
ベルクロ付近にもう1ヶ所大きなポケットがあります。






 08
背面にも2箇所ポケットがありますが、比較的薄いものしか入れられません。
旧型のArcTouchマウスを入れてみましたが、ちょっとお布団で寝ているように見えますね。^^






 09
比較のためダイソーのクッションケースB5も買ってきました。
こちらは税込108円で、圧倒的にお安くなっています。
材質は、よく100円ショップで見かける、クッション付きのふわふわしたナイロンケースです。
重さは実測で41gと軽量です。






 10
大きさは実測で 294 x 218 x 13mmで、並べると先程のinateckとほぼ同じです。







 11
こちらも、ペン&タイプカバー付きの Surface Goを入れてみました。
ファスナーがある分、ペン付きだとちょっとだけ入れづらいですが
入れてしまえば、余裕があります。
単に傷防止に使うだけなら、これで十分かも。






 12
Surface Goは、ゴリラガラス3採用なので、要らないような気も
しましたが、念のため、液晶保護フィルムも購入しました。
Lakkoの Surface Go専用ガラスフィルムです。
Amazonで1250円でした。






 13
材質は強化ガラス製で、ガラス材は日本製(カットは国外)との事で
飛散防止加工で、割れても飛び散らないそうです。






 14
付属品として、クリーニングクロス、アルコール清浄布、ホコリ取り用の粘着フィルムが入っています。アルコール付きの不織布で画面を拭いて、埃があったら青い粘着フィルムで取ってから貼る手順になります。






 15
ガラスフィルムは厚目で無理に曲げると割れそうなので、
端を画面に揃えてから、そっとおろすような感じで貼りました。
写真のように最初は空気が入りましたが、付属のマイクロファイバーを使って
押し出すようにすれば、すぐに綺麗に空気が抜けました。






 16
ガラスの端面はRがついており、比較的割れづらくなっているようです。
透明度も高く、ペンの滑りも問題ありません。





* * *



 17
最初に起動すると、写真のように コルタナが挨拶してきます。
ここからは、Surface Goの初期設定を見ていきましょう。
私は英字キーボードを付けたので、その場合の注意点も述べていきます。

※ セットアップ前に「伊藤浩一のモバイルライフ応援団」というBlogの
下記の記事を見ていたので、USキーボード設定を間違わずに出来ました。
【Surface Go】初期設定でUSキーボード指定を忘れてログインができない?

コルタナとは、Microsoftのゲーム Haloで、主人公をサポートしてくれる人工知能の名前です。






 18
最初の言語選択は、OSで使用する言語なので「日本語」を選択します。






 19
セットアップは、内蔵マイクを使って音声で、「はい」とか言って進めることも可能ですが、
テレビなどの音声に反応して困る場合は、左下のマイクのアイコンを押して
音声入力を切っておきましょう。






 20
次にキーボードレイアウトを聞いて来ますが、英字キーボードを使っている場合も、
ここでは Microsoft IMEしか選べないので「はい」を押して次に進みます。






 21
すると、「2つ目のキーボードレイアウトを追加しますか?」と聞いてきます。
今回は英字キーボードを追加したいので、「レイアウトの追加」を押します。
※日本語キーボードの場合は 追加せずに「スキップ」で良いと思います。






 22
使用するキーボードレイアウトの選択画面になるので、「US」を選んでから
「レイアウトの追加」を押します。






 23
すると、右下にキーボードの形のアイコンが出てきて、これを押すと
「ENG 英語(米国)USキーボード」が出るので、こちらを選択すると、
普通に英字キーボードが使えるようになりました。


この後、Wifiに接続するので、使用しているルーターの暗号化キーなどを用意しておきましょう。
その後にMicrosoftアカウントを聞いてくるので、IDとパスワードを準備しておきましょう。






 24
次に、顔認証を設定しておきます。セットアップボタンを押すと
カメラが動作してサクッと顔が登録されるので、事前にマスクなどは外しておきます。
顔認識されない場合のPIN(暗証番号) も聞かれるので、考えておきましょう。

※これ以降は、電話とPCのリンクの設定、OneDriveの設定、Cortanaの設定、プライバシー設定
を行います。よく分からない場合は、いずれもスキップして後から変更もできます。






 25
再起動すると、カメラ付近の赤いランプと白LEDが点いて、顔認証でログインができます。
この時、ユーザーが見つからないと、目のグラフィックがキョロキョロ探しまわって可愛いです。^^
認識は非常に早く、以前 VAIO Duo 13についていた顔認識とは雲泥の差です。






 26
無事起動したので 設定>システムで確認すると、
OSのエディションは Windows10 Home in S mode
バージョン1803、 OSビルド17134.112です。

Sモードはセキュリティーが強固ですが、ストアアプリしか
入れられないなど、使用に制限があるので、
普通のWindows10 Homeに変更してみます。

ちなみにこの画面では青い文字で「プロダクトキーの変更またはWindows10Proに切り替え」とありますが、私の買ったSurface Goは、Homeエディションなので、表示の間違いのようです。






 27
Homeに変更前に、まずはWindowsアップデートをしておきましょう。






 28
アップデートが終わったら、設定>ライセンス認証 の真ん中辺りの
「Windows 10 Home に切り替える」の部分の青い文字「MicrosoftStore に移動」を押します。

※アップデートしておかないと、この後エラーが出るようです。






 29
「Sモードをオフにする」という画面になるので、「入手」というボタンを押します。






 30
少し待っていると、前の画面で青い文字だった部分が、
「既にWindows 10 -Sモード切り替えを実行しており、操作は不要です」と
なるので、これでHomeへの切り替えは完了です。
この表示では完了したかどうかが、ちょっと分かりづらいですね。






 31
設定>システムでバージョン情報を見てみると、エディションが Windows10 Home、
バージョンは1803、 ビルド17134.254になっていて、無事変更されました。






32
USBポートが1個しかないので、マウスもBluetoothがおすすめです。
セットアップを終えて、マウスとペンを登録後に
ディスク(SSD128GB)の空きを見ると、 92.4GB/117GBでした。




* * *


以下、英字キーボードについて追加情報です。20180913

上記の設定だけでは、英字キーボードで 日本語IMEをONにした時に、
キーボード盤面と実際に入力される記号などが一部、一致しないので、
下記の手順で キーボードレイアウトの設定をしてください。




33
スタートボタン > 設定 >「時刻と言語」 を選択します。






34
左のグレーの部分の「地域と言語」を選び、「+ 言語を追加する」の下の
「日本語 」を選択すると、「オプション」ボタンが現れるので、これを押します。






35
「ハードウェア キーボード レイアウト」を見ると、
「日本語キーボード106/109キー」になっているので、
「レイアウトを変更する」ボタンを押します。






36
すると、青い小窓が開いて「英語キーボード(101/102キー)」が選べるので、
これを選択してからOKを押すと、英語キーボードに変更できました。




次回は電源系アクセサリーとUsbハブについて投稿する予定です。

(^x^)続く






日本語入力のヒント
英字キーボードの日本語IMEのON・OFFは Alt+~で出来ます。

日本語入力でよく使うファンクションキーのF7~F10は、
デフォルトでバックライト等に割り当てられていますが、
ファンクションキーを使わなくても、

Ctrl+I で、全角カタカナ
Ctrl+I、Ctrl+O の順に押すと、半角カタカナ
Ctrl+P で、全角アルファベット(押す度に、全部大文字>全部小文字>先頭だけ大文字>大文字小文字の入れ替え)
Ctrl+P、Ctrl+O の順に押すと、半角アルファベット

という感じで変換できて便利なので、一度お試しくださいませ。











2018年9月3日月曜日

Surface Goの実機レビュー: 外観編

(^x^)こんばんは。MANIERAです。

マイクロソフトから、先週発売された Windowsタブレットの
Surface Go(日本版)と、英字キーボード、ペンを購入したので、
簡単にレビューします。今回は外観編です。



 01
Surface Goは、Windows10搭載の マイクロソフト製10インチタブレットです。
今回購入したのは、国内版の MCZ-00014(メモリ8GB、ストレージ 128GB SSD)です。
他に、メモリ4GB、ストレージeMMC 64GBの MHN-00014があります。
※ いずれもキーボードは別売です。






 02
箱は 175 x 203 x 51mmの かなりしっかりした物で、
フタの精度が良すぎて、少々開けづらいです。

発売5~6日前に都内のビックカメラ店頭で予約しました。
ビックWEBでは 税込み89413円の894ポイント付与のみでしたが、
店頭では他店対抗で、税込み86173円の11%ポイント付与にしてくれて
実質76694円相当で発売当日に入手できました。







 03
内容物は、本体、ACアダプター、Office Home&Business 2016のライセンスカード、
簡易取扱説明書&保証書、PCリサイクルシールのみです。
OSは Windows10 Sモードですが、無償でWindows10 Homeに変更できます。





 04
本体サイズは、245x175x8.3mmで、重さは522gです。ケースはマグネシウム製で、本体色はシルバーのみです。
液晶は、10インチで解像度は1800x1200(217PPI)、縦横比は3:2、コントラスト比1500:1で、
10ポイントマルチタッチ、表面ガラスは Gollila Glass 3が採用されています。






 05
底面には、タイプカバー(カバー兼用のキーボード)用の8個の端子が見えます。






 06
右側面には、Φ3.5mm ヘッドフォンジャック、USB Type Cポート、
Surface Connect ポートが各一つずつあります。写真の左端の凹みは、
キックスタンドを引き起こすときに指を引っかける場所です。





 07
 左側面には特に端子はありませんが、磁石が内蔵されていて、後述の専用ペンを装着できます。






 08
上面には電源ボタンと、シーソー式のボリュームボタンがあります。
上部のグレーの部分は電波を通すためか樹脂のようです。
無線については Wifiが IEEE 802.11 a/b/g/n/ac互換、 Bluetooth 4.1です。






 09
裏面はシンプルで、キックスタンド部分に、鏡面仕上げのウィンドウズのマークが入っています。
CPUは Intel Pentium Gold Processor4415Yで、グラフィックスはIntel HD Graphics 615です。
他には加速度計、ジャイロスコープ、磁力計を内蔵しています。






 10
キックスタンドを引き出してみました。ヒンジが適度な硬さなので無段階に動かすことが出来ます。
非常に薄いスタンドですが、これもマグネシウムらしく強度に問題ありません。






 11
キックスタンドは最大165度開けることが出来ます。この角度ではペンで絵を描いたりするのに適しています。






 12
キックスタンド裏側には各種の認証マークが書かれています。右端に技適マークも見えます。






 13
キックスタンドを持ち上げると、micro SDXCカードリーダーが顔を出します。






 14
液晶面上部には、5MPのフロントカメラ、撮影中に光る白色LEDインジケーター、
シングルマイク、環境光センサーなどがあります。
フロントカメラで、Windows Hello 顔認証が出来、1080p skype HDビデオに対応しています。
※ 液晶面に市販の保護フィルムを貼っています。






 15
液晶面のベゼルの両サイドにメッシュがあります。これは
Dolby Audio Premium対応の2Wステレオスピーカーです。
※ 液晶面に市販の保護フィルムを貼っています。






 16
リアカメラは、8MPのオートフォーカス付きで、1080p HDビデオに対応しています。
隣の小さい点は撮影中を表す白色LEDのインジケータです。






 17
ACアダプターは実測で、大きさ66 x 46 x 29mm、重さ138g、
ケーブル長は1745mmで、プラグ部分は畳めます。
入力は 交流100-240V 0.6A 50/60Hzで、出力は直流15V 1.6Aと書いてあります。
端子は独自の Surface Connectポートです。





 18
ACアダプターを本体と接続すると白いLEDが点灯します。
写真では、ケーブルが上向きですが、ケーブル下向きにも挿せます。
LEDは両面の2か所光ります。

※USB Type-C ポートからも充電可能です。






 19
タイプカバー は、英字キーボード KCM00021(ブラック)を選びました。
ビックカメラでは入荷時期未定だったので、amazonで税込み12744円で購入です。

日本語キーボードは、アルカンタラ仕様で3色バリエーションがありますが、
英字の方は黒一色のみで、アルカンタラではありません。






 20
大きさは248x190x4.6mm、重さは243gで、剛性がある分少し重い感じがします。
ちなみに私は基本的に英語キーボードしか使わないので、国内正規品で英字キーボードが購入できて助かります。

小さいファンクションキーは、デフォルトではバックライトや音量などのショートカット機能とPrtScreenやHomeキー等に割り当てられています。

通常のファンクションキー(F1、F2...)を使いたい時はFnキーを押します。
ファンクションキーとして使っている間はインジケータが点いて見分けられるようになっています。







 21
Surfaceタイプ カバーポートは、端子数が従来品と違うようで、Surface Go専用です。






 22
英字キーボードのキー側の面は、アルカンターラではありませんが、
硬いプラスチックとかではなく、手触りの良いマイクロファイバーの様です。






 23
タイプカバーを付けてみました。オモテ面は、アルカンターラほどの毛足ではないですが、
フェルトっぽい感じのマイクロファイバー素材で覆われています。
カバーを閉じると画面オフになりますが、磁石などで固定はされずプラプラします。






 24
タイプカバーを開いた状態です。キーボード面が少し斜めになります。
この状態だと、下に空間があるせいか、キーを打つと少し音が響きます。






 25
タイプカバーを浮かせないで、机にベタ置きも出来ます。この状態の方が打鍵音は静かです。






 26
キーボードにはバックライトも装備されていて暗い所で便利です。
F7キーを押すたびに、暗い>中間>明るい>消灯 の順でキーの明るさが変わります。






 27
別売の SurfaceペンEYU-00015も購入しました。
ビックカメラで税込み12733円、ポイント10%付与でした。






 28
従来のSurfaceペンと同様のN-Trig方式で、4096段階の筆圧感知、傾き検知が可能です。
タブレットで使ってみると、液晶面に対してペン先の当たりが柔らかくて良い感じです。






 29
上端にはプッシュボタンがあります。LEDはペアリングの時に点灯します。
ペンと本体のペアリングを済ませておけば、トップボタンの
一回押しでWindows Ink ワークスペースのメニューを表示し、
ダブルクリック で画面スケッチが開き、長押しで付箋が開きます。






 30
グレーの部分を引っ張ると電池が出てきます。使用電池は単6電池です。
単6はあまり店頭で見かけませんが、amazonで普通に売っています。






 31
本体左側面とペンの両方に磁石が内蔵されていて、本体に吸着させることが出来ます。
ペンの大きさと比較すると、本体の小ささが良くわかります。






32
とてもコンパクトで、小さめのカバンにも難なく入ります。
重量は実際軽いのですが、大きさが小さいので、もう少し軽くても..と思ってしまいます。^^


次回は、初期設定の注意点とアクセサリなどについて投稿します。


(^x^)続く。




次回はこちら> Surface Goの実機レビュー: スリーブケースと初期設定編